福井 敦賀 野坂 いこいの森(20140920-0921)

アウトドアが大好きな4ファミリーで、秋のバンガローキャンプに行ってきた。場所は福井は敦賀にある「野坂いこいの森」。ここは所謂、少年自然の家で青少年育成の社会教育施設。この中に一般客も利用可能なキャンプ場やバンガローがある。大阪市内からは車で2時間~2時間半くらい。

テントでのキャンプも良いが、木で出来た小屋(バンガロー)は雰囲気があり、子供達も「木のおウチに泊まれる!」と楽しみにしている。また、秋口になると朝夕が涼しい(日によっては寒い)ので、防寒と言う点でもバンガローは良い。※勿論、極寒でもテント泊を楽しむキャンパーも多い。

今回に限って言えば、更に素晴らしいのがコストパフォーマンス。なんと、1棟1泊2,250円!!。高速道路など移動にかかる費用はあるにせよ、バンガロー泊でこの価格は嬉しい。テント泊でも安ければ1サイト1泊3,000~4,000円程度。これを考えると、いかにコスパが良いかわかる。この辺りも少年自然の家である所以だろう。ということで、楽しい2日間が幕を開けた。とんがり帽子&カラフルなバンガロー群。これを見て子供も大人も「めっちゃカワイイやん!!」。テンション上がってきた。o0640048013076015141

少年自然の家
o0480064013076014627

隣合い、向い合っている良さそうな4棟をチョイス。どの棟もドアの前のスペースでバーベキューなどが出来るようになっているが、これに関しては少し狭さを感じた。ちなみに、バンガローの前にタープを設置するのはルール上、NGだった。

4ファミリーがジャンケン & くじ引きでバンガロー争奪戦。我が家は綺麗なブルーの”つばき”になった。
o0480064013076015598

部屋の中はシンプルな木造だが、掃除も行き届いていて そこそこきれいだった。バンガローの前の雑草については、もう少し手入れをすれば良いのにという意見も出た。自然の中で手入れされているのも、逆に不自然か。色々と感じ方はあるだろう。
o0480064013076015138

子供達は早速、虫取り。「バッタおったで。こっちにもバッタや。うわー、カマキリやー♪♪」
o0480064013076015139

4ファミリーで一緒にキャンプを楽しみたいので、団体用のキャンプスペースを借りてテーブル、チェアー、ランタンなどセッティング。これだけの人数で集まると楽しい。子供達も幼稚園つながりで知っている者同士なので、仲良くキャッキャッと遊びに夢中。
o0640048013078345149

初日の昼食は敦賀市内へ。キャンプだけど、せっかく遠出してきたので”美味しい魚”や”美味しいかつ丼”を求めて市街地に出た。また、夜のバーベキュー用の海産物を調達に港へ。

ところが。。 港が活気づくのは朝。新鮮な魚介類が並ぶのも朝。港に到着したのは15時前。そりゃ~、新鮮な魚介類は残っていない。午後からの時間帯は、干物ばかり。「そりゃ、朝早ようにこないと~」と地元のおばちゃん。おっしゃるとおり!! でも、少しだけ残っていた新鮮なサザエだけはゲットした。

港をあとにし、次は早めのお風呂。ここもキャンプ場から車で5~10分程度のところにある地元のスーパー銭湯。なかなか、綺麗なお風呂だった。
o0480064013076015597

銭湯でサッパリしてキャンプ場に戻った。さあ、大人は夕食の準備!!バンガロー群の中にある炊事場。手入れが行き届いていてきれいだった。
o0480064013076015599

辺りも暗くなり、各家族ともそれぞれ食事の準備にかかり、考えてきたキャンプディナーを作る。さあ、どんなメニューが出てくるか。
o0377047013078343294

家でも料理をするという某パパは、何やらお洒落なものをつくっている。エビにパプリカにマッシュルーム。。
o0480064013076014072

できた!!
超お洒落で、めっちゃ美味しそうなパエリア!!ご本人曰く、赤いパプリカでなかったところがイロドリ的に完成度100%ではないとのこと。 いやいや、十分でしょ♪♪頂きましたが、本当に美味しかった。
o0480064013076012456

続いて、こちらはバーベキューグリルに乗ったサザエ。これは我が家のメニュー。敦賀の港でゲットしたもの。焼けてきたところに、醤油をすこ~しタラして、香ばしくなったところでいただく。新鮮だったので、めっちゃ美味しかった。あと、大き目の甘エビも余った頭部分を醤油に付け、これを炭火でじっくり焼き上げ、カリカリになったところでビールと一緒にいただく。これも最高だった。
o0480064013076014073

続いて、秋冬の定番メニュー”豚汁”。こちらも我が家のメニュー。肌寒い夜のキャンプでは、これが最高。長女も4杯はおかわりしていた(勿論、僕も)。秋のキャンプでは、おでんも良い。例年、おでんをするのだが、今回は豚汁にしてみた。おススメ!
o0480064013076013008

夕食が終わり、子供達はおやすみタイムで、寝床の支度。バンガローの中には暖房はないが、比較的、暖かかった。ただココの扉は、通風部分があるので予め持ち込んでいた段ボールを貼り付け。これで、隙間風もシャットアウト。
o0480064013076012454

段ボールを貼った状態。
o0480064013076013009

部屋の中の下部にも小窓がある。ただ、ここは開閉式の扉になっているので段ボール貼付は不要。寝る支度も準備万端で子供達は就寝。。大人は、外でおしゃべり&飲みタイムで楽しい時間を過ごした。
o0480064013076014628

翌朝、快晴天気。気持ちの良い朝
o0480064013076013011

朝はフランクフルトにピラフパスタ。他ファミリーは、ホットサンド や イングリッシュマフィンなど。気持ちの良い朝のキャンプ場で飲むコーヒーは美味しい。
o0480064013076013010

某ファミリーのキッチンテーブルでは何やら楽しそうなものを作っている。我が家のバーナーでもホットケーキ1枚を焼いて量産。これはケーキ??
o0480064013076014074

誕生日ハッピーバースデー トゥ ユゥ~。何と今日はお友達K君の誕生日~。ということで、ホットケーキをベースにデコレーションしたバースデーケーキで皆でサプライズのお祝い。本人はキラキラ笑顔で「うれしい!!ありがとう!」と満面の笑み。周りの子供達もその光景に皆ニコニコ笑顔。良い思い出になったと思う。おウチでお祝いしてもらうのと、また違う嬉しさがあると思う。企画したママさんに「いいね!」
o0480064013076014629

9時頃には、日も昇り始め朝食を終えた子供達は、思い思いに遊び始める。勿論、ウチの長男は虫とり。2日間で、一番特大のショウリョウバッタ。 こんなに大きなバッタも素手で捕まえられるようになった。周りからも、「スゴいね~♡」」と言われ、満足げな彼。キャンプの経験が増える度に彼の虫に対する免疫力は強さを増していく。でも、大事なのは最後にはちゃんと逃がしてあげること。虫さんには遊んでもらっていて、命は大切なんだということを学ばせるのにも良い機会。これから先、どんな生き物と出会うのかな。
o0480064013076013556

チェックアウトは正午。ゆったりした午前中を過ごし、少年自然の家をあとにした。こうして2日間の楽しいバンガローキャンプは終了。次は、いつ行けるかな。(来月??かな??)

アウトドアは、やっぱり最高!!

■野坂いこいの森 URL
http://www.turuga.org/places/nosakaikoi/nosakaikoi.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>