兵庫 芦屋ロックガーデン~風吹岩(20150505)

家族で初めて芦屋ロックガーデンに行ってきた。岩登り、トレッキングができる関西でも人気のアウトドアスポットだ。さすがにゴールデンウィーク(子供の日)ということもあって、沢山の登山客が訪れていた。
大阪市内から阪神高速に入り、芦屋出口まで車を走らせた(軽めの渋滞含みで35分ほど)。高速を降りてからは阪急芦屋川駅周辺に点在するコインパーキングまで移動(およそ15分)。そこからは芦屋川を右手に見ながら山に向かって20分ほど、ロックガーデンの入り口まで歩いた。公共交通機関(電車など)を使って来る人が多いと思うが、車で行く場合は、駅周辺に幾つかのパーキングがあるが停められる台数に限りがあるので、あらかじめ調べていくと良い。
あとは住宅地の生活道路の中にあるので、ゆっくり安全走行したい。
IMG_6459

芦屋の高級住宅街を抜け、ほどなくすると、芦屋ロックガーデンの入り口(下記画像)に到着。ここからがスタート。山に入るとトイレはないようだ。この入り口の直前に公衆トイレ(男女兼用)があるので、ここで用をたしてからスタートされることをおススメする。IMG_6469

入り口から少し進んだところに、綺麗な滝。マイナスイオンをたっぷり浴びて。
IMG_6474

滝を後にして、少しずつ上がっていく。
IMG_6483

いよいよ、ロックガーデンの岩場エリアに入ってきた。これから、この岩をクリアしていかなければならない。どんな岩場が待っているのか。ワクワクする。
IMG_6520

今日は登山客が多かったこともあるが、少し登りが険しいところでは、「人の渋滞」が発生していた。ここは、無理をすると他の人に迷惑をかけてしまうので、はやる気持ちを抑えながら、ゆっくり登ろう。あと、岩場はゴツゴツしているので、軍手やグローブを着用しておく方がよい。
IMG_6501

一生懸命、登る、登る。小1長男は普段からパワーがあり余っているようで、どんどん上にあがっていく。見ていて、頼もしい。
IMG_6508

こんな細い場所も、焦らずゆっくりと進む。
IMG_6506

先に上にあがって、余裕の表情を見せる小1長男。まだまだ、先は長いが体力は持つかな?
IMG_6516

入り口から1時間ほど登り、お昼になったので、休憩もかねて木陰でお弁当タイム。朝からママが作ってくれたオニギリをほうばる。雲ひとつない快晴で暑い一日だったが、木陰に入れば気持ちの良い風が吹いていた。「一生懸命、登った後のオニギリがめっちゃ美味しい!」と、子供たち。
IMG_6538

お昼の休憩場から見る芦屋、神戸の街。大阪市内まで一望できる。山の中に見える岩場が、さっきまで登ってきたロックエリア。圧巻の景色だ。
IMG_6536

昼食後、ロックガーデンの先の標高447mにある「風吹岩」に移動。
IMG_6543

岩の頂きに登って、気分も爽快!!眺めも最高!!
IMG_6556

さあ、これから下山だ。登りよりも、下りは慎重に行きたい。登りで足も疲れているし、下りは勢いがついてしまうので、体力を残しながらゆっくりとしたペースで歩かないとケガのもと。
IMG_6559

スタートは阪急芦屋川駅付近だったが、帰りは保久良神社を経由して阪急岡本駅を目指す。ロックエリアと違って、参道を下っていく。下りは足も疲れやすいが、緑のトンネルは、とても涼しく気持ちがよかった。また時折、うぐいすが鳴く声も聞こえてきたので、心が洗われた。

なお、ロックエリアから更に六甲山最高峰(標高931m)を目指し、有馬に抜ける登山者もいる。今度はそちらの方向で挑戦してみたい。
IMG_6571

途中、道案内もあるので安心して歩ける。
IMG_6578

綺麗な「山つつじ」を見て、心が洗われる。
IMG_6580

青葉の「楓」のカーテンを木の下から仰ぎ見て、心が洗われる。
IMG_6584

阪急岡本駅に到着し、駐車している芦屋川駅まで電車で移動し、帰路についた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>