大阪 高槻森林観光センター 田能川/芥川支流 川遊び(20150720)

大阪府の北摂エリアにある高槻森林観光センターへ川遊びに行ってきた。ここは高槻市を流れる淀川水系の一級河川である芥川(あくたがわ)の支流になる。芥川上流部の渓谷と言えば、摂津峡公園がメジャーでバーベキューや川遊びなどのデイキャンプを楽しみに来る人が多い。高槻森林観光センターは、摂津峡公園からもう少し奥(北部)へ車で移動したところにある。今回、初めて来たが大阪近郊で小さい子供でも気軽に川遊びが出来るスポットとしてレポートしたい。府道6号線を走ると、その道沿いに大きな入口が見えてくる。
IMG_7325

大阪市内から正午過ぎに出発したので、現地には14時前の到着となったが、梅雨明けをしたタイミングでもあったので、多くの人が来ており駐車場も満車だった。しかし、朝から来て帰ろうとする人達もいたため、入口前で10分ほど待って中に入ることができた。車を降りると、川と山と夏の青空がとても綺麗で、早速癒された。IMG_7331

川に降りると、ものすごい数の人で賑わっており、いも洗い状態になっていた。台風後で普段よりは少しばかり増水しているようだったが、とても浅い川なので幼児連れのファミリーが多かった。他の日はどうなのか分からないが、最初の印象としては、アウトドア好きで川に飛び込んだり、泳いだりするような遊びを期待する小学生くらいの子供を持つファミリーには物足りないかもと思った。ただ、幼児がいてプールではなく自然の川遊びを体験させたいというファミリーには最適な場所だと思う。
IMG_7333

川は綺麗で透明度も高いが、周りの人の声を聞くと台風の影響でいつもより水の量が多いようだった。川遊びをし始めてから、15時を過ぎた頃には帰る人も出始めたため、遊ぶスペースも確保できた。
IMG_7341

川の横に流れ込みがあり、そこが小さな(子供サイズの)沢登りスポットになっていた。何人かの子供もここで遊んでいたが、サンダルやクロックスでは岩に足をかけた際に滑ることがあるようで少し苦慮していた。我が家はいつものウォーターシューズを持ってきていたので、滑ることもなく難なく遊ぶことが出来た。沢を登る時、上から勢いよく流れ落ちてくる水が足に当たりとても気持ちが良かった。※ウォーターシューズはサンダルよりはグリップが効くが、苔が沢山付いた岩などでは滑ることもあるので万能と考えず、常に気をつけながら歩くようにしたい。
IMG_7357 - コピー

流れ落ちてくる水が冷たくて気持ちいい!!
IMG_7358

長男もウォーターシューズ装着。
IMG_7388

川遊びと言えば、生き物探し。沢ガニを探してあちこちの岩をひっくり返す。しかし、なかなか見つからない。おそらく他の子供たちも沢山遊んでいたので既に捕まえられてしまったのかもしれない。
IMG_7354

それでも必死に川底を探索する長男。
IMG_7382

人が沢山集まっている場所から30mほど離れた場所に川の中を歩きながら移動してみた。移動する途中、わずかだが深いところ(子供の膝くらいの水位)があるので、ここに来ている人はほとんどいなかった。長男と一緒に、カニが隠れていそうな岩を次々とひっくり返していった。
※下の写真の上(奥)に見える川部分は更に深くなっていたので注意が必要。
IMG_7396

すると、いました!!沢ガニ。とても小さい子ガニ。ひっくり返した岩の裏を歩いていた。これ以外にも3cm程度のカニも発見したが、残念ながら逃げられてしまった。結局、この場所に移動してきて20~30分程度で3匹の沢ガニをキャッチ出来た。
IMG_7418

沢ガニを持って、家族のもとに戻ると、長女がカタツムリを持っていた。2cmもない小さなかわいいカタツムリ。長男はカタツムリを見るのが初めてで、沢ガニを見つけたことに加えて喜んでいた。
IMG_7399

今回は、わずか2時間程度の川遊びだったが暑い日中でも涼みながら気持ちよく遊ぶことができた。本格的なアウトドアではなくても、これから子供と一緒に川遊びを始めてみたい、と考えているファミリーには良いスポットだと思う。

最後に、ここの駐車場は無料。営業時間が9時~17時なので、この時間帯を意識して出かけてほしい。あと、下の画像にもあるが、ここはお弁当や食べ物の持ち込みが禁止されている。中にささゆりの里と呼ばれる食堂や、バーベキュー施設(要予約)があり、施設を利用して食事をするよう指定されているようだ。よって、今回もおやつを含めて食べ物は持ち込まずに遊んだ。
IMG_7334

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>