京都 京丹後 平海水浴キャンプ場(20150814-0815)

お盆休みの真っただ中。毎年恒例の京丹後に行ってきた。夏の海と言えば、やはり日本海。今年は子供達が覚えたてのシュノーケリングの練習をするのが目的。場所については、いつもの葛野浜ではなく、もう少し東に位置する平(へい)海水浴キャンプ場にした。数百メートル東隣には人気の高嶋海水浴キャンプ場もあったが、事前にネットで調査した結果ここにした。
高速道路は渋滞が予想されたので、大阪市内から一般道(173号線→9号線→176号線)で現地入りした。渋滞はなかったが約5時間の道のりだった。
到着すると、遠浅のエメラルドグリーンの海が目の前に広がっていた。
IMG_7888

続きを読む

福井 赤礁崎オートキャンプ場/おおい(20150613-0614)

福井県の大飯郡おおい町にある、赤礁崎オートキャンプ場(あかぐりざき)に行ってきた。ここは夏のハイシーズンになると予約で一杯になる人気施設。今回は梅雨の前後のタイミングだったことと、連休ではない通常の週末だったこともあり、前日にも関わらず予約が取れた。また、幸いにも両日快晴で楽しい時間を過ごすことが出来た。※下の写真はキャンプ場の管理棟
IMG_6873

続きを読む

滋賀 甲賀 青土エコーバレイ(20141025-1026)

秋が深まり始めた10月下旬の週末。バンガローキャンプに行ってきた。場所は忍者の里でも有名な滋賀県甲賀市の青土(あおづち)ダムエコーバレイ。人造湖(リザーバー)である青土ダムの横に作られたキャンプ施設。今回、利用したバンガロー以外にもテントサイトもある。滋賀といっても三重にも近いところだが、道も空いており大阪市内から車で高速道路※を使って1時間半ほどで到着。 ※大阪市南東部から近畿自動車道→第二京阪→京滋バイパス→名神(少し)→新名神 経由

午前中に到着し、14時のチェックインまで時間もあるので、近くの「甲賀流忍術屋敷」に立ち寄った。甲賀流忍者の筆頭格である望月出雲守のもので、今に残る本物の屋敷。からくり屋敷など歴史好きな僕にはかなり興味深かった。

※同施設のホームページURLは本ブログ文末に記載

忍者屋敷から少し車を走らせたところでキャンプ場に到着。パッと見た感じ、手入れが行き届いていおり、設備なども綺麗という印象。バンガローの前には芝生が広がり、晴天の下、とても気持ち良い気分になった。芝生には、真新しい動物があちらこちらに落ちていた。恐らく、夜間に出る野生の鹿鹿のものだろう。o0480064013112282444

続きを読む

福井 敦賀 野坂 いこいの森(20140920-0921)

アウトドアが大好きな4ファミリーで、秋のバンガローキャンプに行ってきた。場所は福井は敦賀にある「野坂いこいの森」。ここは所謂、少年自然の家で青少年育成の社会教育施設。この中に一般客も利用可能なキャンプ場やバンガローがある。大阪市内からは車で2時間~2時間半くらい。

テントでのキャンプも良いが、木で出来た小屋(バンガロー)は雰囲気があり、子供達も「木のおウチに泊まれる!」と楽しみにしている。また、秋口になると朝夕が涼しい(日によっては寒い)ので、防寒と言う点でもバンガローは良い。※勿論、極寒でもテント泊を楽しむキャンパーも多い。

今回に限って言えば、更に素晴らしいのがコストパフォーマンス。なんと、1棟1泊2,250円!!。高速道路など移動にかかる費用はあるにせよ、バンガロー泊でこの価格は嬉しい。テント泊でも安ければ1サイト1泊3,000~4,000円程度。これを考えると、いかにコスパが良いかわかる。この辺りも少年自然の家である所以だろう。ということで、楽しい2日間が幕を開けた。とんがり帽子&カラフルなバンガロー群。これを見て子供も大人も「めっちゃカワイイやん!!」。テンション上がってきた。o0640048013076015141

続きを読む

京丹後 葛野浜キャンプ場 (20140804-0805)

家族で毎年恒例の日本海キャンプに行ってきた。今年は2年ぶりの京丹後。去年は違う地域に行ったが、子供達が「京丹後がいい!」というので葛野浜(かずらのはま)キャンプ場にやってきた。この週は、九州四国方面に台風が来ていたこともあり、決行が危ぶまれたが、子供達の気持ちが通じてか、初日・2日目とも雨にも降られなかった。ただ、もともとは2泊3日を予定していた。しかし、さすがに3日目は台風による南風の影響と、雨の可能性があったので、キャンプ場を管理している地元のおじさんに相談し、「最近は水の事故も多いし、海の天気はすぐに変わるので用心した方がええ」というアドバイスをもらったので、家族会議の結果、冷静に判断して1泊2日で楽しむことにした。※写真は長女の絵日記(学校の宿題)。思い出づくりが出来たようだ。o0640044413029084819

続きを読む